気にならない職場の男性への断り方

男性に断るケースはいろいろなシーンで起こります。仕事上ではつながりがあっても、必要以上の誘いには毅然とした態度も必要です。気にしていない男性に対する接し方は勘違いさせないことが先決で、相手には仕事以外のつながりのないことを理解させておくことが大事です。必要に迫られた場合は必ず二人きりになる状況を作らず、常に第三者をからませることも大切です。同じ職場であれば仕事上の付き合いもあるかもしれませんが、仕事の予定と私生活をはっきりと分けて認識してもらいながら、一定の距離感を持つことが必要です。価値観の違いや趣味の違いをはっきりとさせることで、相手に対して無防備にならない方法も考えることも大事なことです。話が合わない相手に無理に合わせる難しさは誰もが感覚的に理解できるからです。気難しいというよりも人生に目的を持っているしっかりとした個人をアピールするほうが、相手に隙を見せず断ってもすぐにあきらめてくれるかもしれません。