ネットオークションに出してる女友達のせどり

私の女友達の一人にせどりをやって、ネットオークションに出品している人がいます。せどりというのはチェーンの古本屋などで価値のある本を見つけて安く購入した後、別のお店やコレクターに高値で売却して、その差額で利益を得ることをいいます。女友達に聞いたところ、いままでに売った本の中には、100円で手に入れて5000円くらいの値が付いたこともあるそうです。このせどりで重要なことは2つほどあり、その1つが価値のある本を数多く知っていることです。チェーンの古本屋などにはマニア垂涎の本が100円や200円で投げ売りされていることも少なくないので、それらのお宝の知識を知り、確実に手に入れることが大切なのです。せどりにとって重要なことの2つ目が、売却相手もその本の価値を知っているかどうかを見極めることです。たとえどんなに希少価値が高くても、その価値を知らない相手だと雀の涙ほどの売却額しかつかないこともあります。女友達いわく、ネットオークションでは本の価値を知っている人が落札するので、非常に高値になりやすいそうです。それからお金を増やすにはブックメーカーという方法もあるそうです。アメフトやホッケーの試合にお金をかけるギャンブルだそうですが、競馬やスロットよりも稼げると彼女は言ってました。世の中には色々なところで利益を得られるものなんですね。